KAHMジャパン株式会社

日本と英国/欧州のビジネスをつなぎ、イノベーションを支援する、カームジャパン株式会社(オフィス:大阪市北区)です。Oxford University Innovation(OUI・オーユーアイ) 日本事務所として、大学世界ランキング1位・オックスフォード大学の知財紹介等も行っています。KAHM Japan Ltd. (located in Osaka, JAPAN) facilitates business and innovation between the UK / Europe and Japan.
 050-3136-0623
お問い合わせ

EXECUTIVES

 KAHMジャパンロゴ.png

Concordia res parvae crescunt. (小さな物も調和によって大きくなる。)

 紀元前1世紀のローマの政治家・歴史家、ガイウス・サッルスティウス・クリスプスの言葉です。

 

代表取締役 饗庭 賢治 (あいば けんじ) 

Kenji Aiba OBE CEO

 

Kenji Aiba Photo.jpg

 

1986年、英国総領事館対英投資担当官に就任。25年にわたって西日本企業の対英投資誘致業務に携わる。パナソニック、シャープ、サンヨー、堀場製作所をはじめ、100を超える対英投資プロジェクトを手掛ける。2011年7月、英国総領事館を定年退職、同9月より、オックスフォード大学アイシスイノベーション(現:オックスフォードユニバーシティイノベーション)の日本代表に就任。日本語で相談できる同大学の窓口として、日本の企業や研究機関との産学連携の促進、更には同大学のネットワーク及び知財管理ノウハウを活用した、知財探索サービスをはじめとする様々な研究開発支援業務に取り組んでいる。1995年にMBE大英勲章、2012年にOBE大英勲章を受勲。2014年5月、MIRA Ltd.日本事務所(2015年7月よりHORIBA MIRA Ltd.日本事務所)代表。2014年6月、宮松氏と KAHMジャパン株式会社を設立。同社代表取締役会長。

Kenji Aiba OBE, CEO – Kenji is the co-founder of the KAHM Japan Ltd. In 1986, Kenji joined the British Consulate-General, Osaka (BCG) as the Senior Inward Investment Officer. He received in 1995 an MBE for his dedicated service to the British Government and an OBE in 2012 for his further dedication of diplomatic services to the British government. He retired from BCG at the end of July 2011. During his 25 years of work at BCG, Kenji brought over 100 investment into the UK, including those of manufacturing and R&D by Toyota, Panasonic, Sharp, Sanyo, Denso, Takeda, Aisin Seiki, Kawasaki Heavy Industries and Fujisawa Pharmaceuticals. Kenji joined the Isis Innovation Ltd. (Oxford University Innovation Ltd.) in September 2011 as the Head of the Japan office. He also started working for the HORIBA MIRA Ltd. in May 2014 as the representative of their Japan office. 

 

代表取締役 宮松 寛有 (みやまつ ひろくに) 

Hirokuni Miyamatsu   CEO 

miyamatsuDSC02792-sss.jpg

 

1978年バロース/現ユニシス(株)入社、汎用コンピュータシステムを販売。1985年より松下電器貿易(株)で海外最先端技術を調査。1990年米国Sequent Computer Systems社と松下グループ初の米国企業との販売合弁企業を設立、革新的な並列処理技術と松下グループのソリューションを基盤にオープンシステムの市場を開拓のほか、文部科学省の衛星情報通信ネットワーク基盤構築、国土交通省のアクティブタグ(米国国防総省、英国防衛省で採用)を活用したコンテナセキュリティ実証実験、電子ペーパーを採用した日本初の電子書籍のプロジェクト等に参画。海外ソリューションビジネス展開、ビデオ技術を活用したスポーツコーチング、デジタルサイネージ、監視システムのプロジェクト推進等にも携わる。2006年コグノス社(カナダのビジネスインテリジェンスソフト企業、現IBM)にて金融、製薬、流通業向け経営情報管理システムを提案。2007年英国総領事館上席商務官に就任、英国最先端の技術をパナソニック、シャープ、JR西日本、関西電力、京セラ、村田製作所等へ紹介するとともに、英国企業の日本参入支援を行う。2014年6月饗庭氏と KAHMジャパン株式会社を設立 。同社代表取締役社長。

Hirokuni Miyamatsu, CEO – Hirokuni is the co-founder of KAHM Japan Ltd. Previously, Hirokuni was Senior Trade Advisor, UK Trade and Investment, British Consulate General Japan, responsible for supporting UK companies to penetrate Japanese market. Also he worked for Panasonic, 21 years to research technologies globally and extend global System Integration Business with international companies. He was responsible for large and medium scale of integration business and marketing activities for advanced technology with Panasonic technology such as active RFID, electric-book, video surveillance, satellite information with Japanese government and established joint venture with US company. In addition, he worked for Cognos, Canadian Business Intelligent Company to increase enterprise solution business in Japan and Nihon Unisys (Burroughs), got “region of owner award” in 1982, 1983 and 1984 as sales manager.

2018.05.28 Monday